2008年4月17日木曜日

What's your job?

昨日、FYP (First Year Project)の担当教授であるProf. Pe'er(ピエール)とのミーティングがありました。目的はこれまでの進捗をレポートすること、今後の方向性に就いてアドバイスを受けることの二点です。当チームは日本へ西海岸のビールを輸出するプロジェクトを進めており、チームリーダーの学生がこれまでの進捗状況をプレゼンし、Logistics・Marketing・経済性等を説明していきました。

教授は一通りプレゼンを聞いた後、開口一番に以下の質問を投げかけてきました。「OK, I appreciate your team's great work so far. Now let me quesiton one thing. Can any one tell me in a simple phrase, "what your team's job is"?」


チームメンバーは(自分も含め)答えに窮してしまいました。確かにこれまで細かいコストや物流フロー、競合するアメリカビールの日本での流通状況・価格設定といった詳細な調査をしてきたのですが、僕らが何をもたらすのか、何故サプライヤーや消費者が僕らの商品を選ぶのか、に就いては議論して来ませんでした。Agendaには入っていたのですが、先ずはプロジェクトの経済性を把握しよう、ということで情報集めをしてきた為、議論が後回しになっていたのが実情です。それに対し教授からは、君達が本当に意味のあるJobを見つけることが出来れば細かいコストは関係ない、それよりも果たすべきJobを見つけ、それに対し確実にPremiumを払ってくれるFoothold Market/customersを定義することが大事だ、と一刀両断。勿論それに留まらず、アドバイスをくれそうなTuckのOBや参考になるケーススタディを紹介してくれ、1時間足らずですが非常に有意義なMeetingとなりました。

チームでも個人でも会社でも、「What's our job?」というシンプルな問いかけは非常に役に立つ気がします。初心にかえって再びプロジェクトに取り組みたいと思います!

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

See Please Here