2008年3月20日木曜日

Ray Schoolでの文化紹介ボランティア

気がつけばSpring Breakも残り3日。早いもんです。雪もこの10日でずいぶん融けました。学校からCourse Packetの案内が届き、クラスメートから車探しのメール(= NYから土曜日に帰るんだけど誰か車で帰る人いない?という「乗せて」メール)が続々と入って来て、再びTermが始まることを実感します。

そんな中、地元の小学校Ray Schoolで日本文化を紹介するボランティアに参加してきました。これはJASという日本人のコミュニティグループが主催するもので、今回は書道と折り紙(カブト)の体験、その後弓道と折り紙のデモンストレーションという内容でした。弓道はキャリア20年以上の二年生の方が凛とした所作を披露し、何人かの生徒に実際に弓を引いてもらいました。自分は折り紙のデモンストレーションを担当し、Hanoverではお馴染のリスを折って見せました。小学生達は積極的に参加してくれ、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
自分は折り紙がずっと好きだったので、こうやって少しでも面白さを伝えることが出来たことは純粋に嬉しかったです。残り少ないTuckでの時間で、日本文化の奥深さを少しでも伝えられればと思います。この場を借りて、JASの皆さん、Ray School関係者の方に御礼を申し上げます。m(_ _)m


1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

See here or here