2007年7月30日月曜日

Bridge Program 2週間を振り返って

学生に混じったBridge Programも半分が終了し、2週間を残すのみとなった。前半を振り返って思うことは、やはり自分の英語が壁になっているな、ということと、Study Groupをどうリードするのが良いか?という自分への問い。このあたりはMBA生とは違い、学生なだけにMotivationも様々である為、ある意味一人おやじの自分がFunction出来る部分があると感じる。

グループによって差があるが、自分の所属するグループの学生(特に男)はすぐ遊びたがるし、話もあっちこっちに飛びがち。何とか方向付けをして議論をいいものにしたいと思うのだが、そこで相手の言っていること・ニュアンスが100%掴めない為、ハッキリとものが言えないケース多々。非常に不甲斐ない思いをする。

今週からはいよいよBridge Projectが本格的に始まる。これは各グループで企業を1つ選定し、その企業をあらゆる側面からValuationして買収提案(乃至は買うべきではないという提案)をClientたるJ.P.Morganにプレゼンするというもので、結構本格的なValuation processを体験できるようになっている。数字は何かしらのものが出るのだから、いいプレゼンをする為にはグループが本気で取り組むかどうか次第。早い段階で進め方を提案して、個々人が機能するようにAssignmentを考えることで貢献しよう、と意気込みだけは持っています。

因みに、ウチのグループはCrocsというShoe makerを選びました。面白い製品・事業展開をしており、日本にも入ってきているようです。ご興味ある方は検索してみてください。自分はそのうちサンダルと株を購入してみるつもりです。笑

2 件のコメント:

Shinta さんのコメント...

Crocsのサンダル、最近流行っているね~。
小生は持っていないケド、最近街でよく見かけます。


企業価値評価というのはつきつめてやってみると非常に面白い。
業績予測が完璧 且つ 市場が完全であれば理論上DCFもマルチプルも類似会社批准法も同じ結果を導き出すはずだが、実際に同じ結果を出すことはまずないわけで、その差を定量的に分析する作業が企業価値分析の面白いところ。

また何か面白い話があれば教えて下され。

mick さんのコメント...

早速サンキュー!分からないことがあったら聞きます。笑